従来のFAXとの違い

昨今、ネット回線を利用してFAXが送受信可能なインターネットFAXが注目を集めています。数多くの個人や企業で利用されており、サービスを提供する企業の数も増えています。

従来のFAXとの違い

従来の紙媒体のFAXは、FAX機が読み取った文字や絵を電気信号に変換し、それを電話回線を通じて送信先に送るというシステムです。つまり、FAXを送受信するためにはFAX機と電話回線が必須であり、外出先などいつでもどこでも利用できるものではありませんでした。ところが、インターネットFAXは、文字通りインターネットの回線で送受信するため、インターネットにつながる環境とパソコンやスマホなどのデジタル端末さえあれば、メール感覚でいつでもどこでも送受信ができます。

インターネットFAXの送受信の仕組み

パソコンやスマホなどの端末から送信されたデータは、ネット回線によってサーバに送られます。そこでFAX用に信号が変換されてから指定先のFAX機に送信されます。受け取った相手には通常のFAXとなんら変わりがないので、従来通りプリントアウトも可能ですし、相手もインターネットFAXを利用しているのであればデータのままペーパーレスでの管理も可能です。相手FAX機からの送信データを受信するときは、PDFなどデジタルデータ変換されたファイルが添付メールとして届きます。お手持ちのパソコンやスマホなどでそのまま閲覧することもできますし、必要があればプリントアウトして従来通り紙で保管することも可能です。感覚としてはメールと変わりなく、メールアドレスの代わりにFAX番号を使う点が違うだけです。

大幅なコストダウンを実現

企業にとって経費削減は常に大きな課題ですが、紙媒体のFAXでは、FAX機の導入・維持費用、電話回線の使用料、紙やインクの代金などさまざまな面でコストがかかります。ITの普及によりペーパーレス化が進んでいるとはいうものの、ビジネスではいまだに従来のFAXに頼る部分が多く、受発注などFAXのみの受付という業者なども少なくありません。そういうわけでFAXを完全に廃止することもできず、毎月かかるコストに悩まされているという経営者や個人商店の方は多いことでしょう。それが、インターネットFAXによって大幅なコストダウンが可能になったのです。ネット回線とデジタル端末さえあればいつでもどこでも送受信が可能なので、従来のFAXにかかるコストは大幅にカットできます。電話回線の場合、市内と県外では通信料金が違いますが、ネット回線なら全国どこに送信しても通信料金に違いがありません。このため、従来と比べると、およそ80%ものコストが削減できるとも言われているぐらいです。

時間や場所を選ばず利用できる

パソコン・スマホ・タブレットなどのデジタル端末とネット回線さえあれば、いつでもどこでも利用できるインターネットFAXを導入すれば、対応までの時間が大幅に短縮されます。ビジネスでFAXを利用する場合、外出先などFAX機がないところでは取引先や顧客への対応がすぐにできないということがありますが、インターネットFAXならメール感覚で利用できるので、受信後すぐに対応できるようになりました。対応遅れによるトラブルやクレームの心配がなくなり、サービスの向上で顧客の満足度のアップにもつながります。

情報が管理しやすくなる

従来の紙媒体のFAXでは、受診した文書はトレーに溜まっていくので、管理のうえでもなにかと支障がありました。FAX機が誰でも出入りできる場所にあると、たとえ極秘情報でも誰もが閲覧可能ですし、溜まってくると必要なデータがすぐに取り出せないということも起こります。それが、インターネットFAXでは、FAXの内容は受信者のみ確認できるので情報が漏洩する心配がなくなりました。また、紙媒体と違って保管に場所を取らず、必要なデータをすぐに取り出せるという利点もあります。

従来の紙媒体のFAXより大幅にコストダウン可能なインターネットFAXは、個人・法人を問わず多くの人に利用されています。インターネットFAXをサービス提供する会社も多く、各社でサービス内容はさまざまです。サービス利用に必要な料金は、基本的には初期費用・送受信料金・月額料金の3つですが、それぞれサービス会社によって特徴があるので、詳細な項目までしっかり検討して選びましょう。

インターネットFAXの導入費用

導入するのに必要な初期費用は、どのサービス会社も紙のFAX機とは比べ物にならない安さで提供しています。1000円前後が相場で、最近では導入費用無料という所も出てきています。

固定の月額料金

インターネットFAXサービスを利用する際は、利用回数に関係なく月々の定額利用料金が必要です。月額500円以下という安い会社も出てき始めましたが、おおむね月額1000円から1500円というところがほとんどです。インターネットFAXは送信や受信ごとに料金が発生し、その料金は各社さまざまですので、サービス会社を選ぶときは月額料金にだけ注目するのではなく、送受信にかかる料金と合わせて、月々どのぐらいのコストがかかるかを考えなければなりません。

送受信1枚当たりにかかる料金

インターネットFAXサービスは、送信はほとんどが有料ですが、受信料は基本的に無料というところが多いです。送信料金は1枚10円前後が相場です。月額料金が安い代わりに受信にも料金がかかるというサービス会社もあれば、月額料金がかかる代わりに送受信とも1カ月150枚以内なら無料というところもあります。

どのサービス会社を選ぶべきか

これはFAXの使用頻度によって変わります。1カ月に送受信するFAXが150枚以内であれば、eFAX(イーファックス)なら月額料金のみで済みます。FAXの利用はもっぱら受信で送信はほとんどしないというのであれば、message+(メッセージプラス)やBisFAX(ビズファックス)という受信料無料の会社がよいでしょう。

インターネットFAXは、従来のFAX機よりも大幅にコストが削減できるというメリットがあり、デメリットは特に見当たらなそうです。しかし、使い方によっては、思ったほどの節約にならない場合やかえって手間がかかる場合も考えられます。導入前にメリット・デメリットをよく考えましょう。

インターネットの常時接続の環境が必要

ネット回線を通じていつ・どこでも送受信できるインターネットFAXですが、そのためには常にインターネットに接続している必要があります。FAX機の場合も電源が切れていれば送受信できないことは同じですが、24時間パソコンを立ち上げておくことはそれ以上に電気代がかかります。

プリンタが必要な場合

インターネットFAXは、受信したFAXをプリントアウトせずにデータのまま管理可能なところがメリットですが、紙媒体で管理する場合はプリンタが必要です。すでにプリンタを所持している方には問題ありませんが、新たに買いそろえるとなるとそれだけ初期費用がかさむことになります。

インターネットFAXの最大のデメリット

従来のFAXと違い、インターネットFAXでは手書きの文書のまま送ることはできません。通販などでは、送られてきた注文書の欲しい品物の欄にチェックを入れて、そのままFAXすれば注文できるという場合が多いですが、インターネットFAXでこれをやるには、一度スキャナーで取り込んでデジタルデータにしなければなりません。建築物の図面や設計図などを送る場合も同様です。スマホのカメラで撮影してそのまま送れるならば問題ありませんが、きちんとスキャンする必要がある場合はスキャナーを買いそろえる必要があります。

コストの確認が大切

FAXで送る文書が、スキャンが必要なものが多い場合、従来のFAX機よりも手間がかかります。また、FAXの送信先がもっぱら市内に限るというような場合、電話回線の方が安くなる場合もあります。インターネットFAXが本当にコストダウンになるのか、よく検討してから導入を決めても遅くありません。

インターネットFAXが登場するまで、FAXといえばFAX機を使う方法しかありませんでした。しかし、インターネットFAXの登場により、これまでより自由にFAXを利用する方法が広がりました。ここでは従来のFAXと、インターネットFAXの違いを明らかにしていきます。

利便性の違い

インターネットFAXはFAX機と比べて利便性が優れています。従来は、FAXを送受信するにはFAX機の存在が欠かせませんでしたが、FAX機は大型で大重量のうえ、電話回線に接続しなければならないので自由に持ち運びできません。そのため、外出先ではFAXが確認できないですし、外出先からFAXを送信したいときはFAX機のある場所を探さなければなりません。ところが、インターネットFAXはインターネットに接続できる環境であれば、お手持ちのノートパソコンやスマホからいつでもどこでも自由にFAXを利用できます。外出の多い営業マンなら、大きなメリットに感じられるでしょう。

故障のないインターネットFAX

インターネットFAXは、ネットに接続できるデジタル端末ならどの端末でも自由にアクセスできます。FAX機の場合、故障時には送受信できませんが、インターネットFAXには故障という概念がありません。もしデジタル端末が故障したとしても、別の端末を使えば問題なく必要なデータにアクセスできます。つまり、インターネットFAXの場合、ネットにつながらない環境以外で利用できない状況は起こりえないのです。

大きく異なるコスト

FAX機を利用する場合のコストを考えると、まず、本体の購入に業務用なら10万円以上かかります。月々の通信料金は、NTTの基本料金が約2600円、送信代は市内で3分約9円、市外で3分約30円、それにプラスして用紙とインクの費用がかかります。ところが、インターネットFAXなら、安いサービス会社なら初期費用無料、月額料金も1000~1500円程度と格安で、送信代は全国どこでも1枚10円が基本です。このように、インターネットFAXなら大幅にコストダウンが実現できます。

今はどこのコンビニでもFAXサービスがあり、外出先で緊急にFAXを送りたい時などに重宝します。そんな便利なコンビニのFAXも、インターネットFAXと比べるといくつかのデメリットが目につきます。

1枚当たりの料金の違い

コンビニでFAXを利用すると、一般的に送信に1枚当たり50円かかります。インターネットFAXなら送信1枚につき10円が相場です。eFAXのように1カ月150枚以内なら無料という業者もあります。インターネットFAXの月額料金を1500円とすると、1カ月に36枚以上送信するならコンビニのFAXよりお得です。安いサービス会社を探せば、さらなるコストダウンも可能なので、インターネットFAXの方がコスト面で圧倒的にリードしています。

コンビニではFAXの受信ができない

コンビニのFAXのもう一つのデメリットは、送信のみで受信ができないところです。クロネコ@ファックスのような大手のコンビニでFAXが受信できるサービスも存在しますが、受信したFAXをプリントアウトするのにモノクロでも50~100円ほどかかってしまいます。インターネットFAXのサービス業者は、受信料が無料というところがほとんどですので、やはりインターネットFAXの方がコスト面では優れています。

情報の秘匿性の問題

コンビニでFAXサービスを利用するときに最も懸念されるのが、情報の秘匿性です。コンビニでもセキュリティには配慮しているものの、やはり不特定多数の人が出入りする場所という特性上、誰に原稿を見られるかわからないという不安は拭い切れません。極秘情報をFAXする際には神経質にならざるを得ないでしょう。その点、インターネットFAXなら、アカウントを持っている人しか送受信できない仕組みなので、第三者にFAXの内容を見られる心配はありません。

以上、コンビニのFAXサービスとインターネットFAXの違いを見てきましたが、日常的にFAXを利用する場合は、インターネットFAXが圧倒的に便利だということがわかります。

ネット環境とデジタル端末さえあれば、時や場所を選ばず利用可能なのがインターネットFAXです。従来のFAX機のように固定電話の回線がなくても利用できるという強みがあります。また、FAX機のように受信データをすべてプリントアウトする必要がなく、用紙やインクの費用も節約できるというメリットがあります。ただ、このような説明では「メールとどこが違うの?」という疑問を持つ方も少なくないでしょう。そこで、メールとインターネットFAXの大きな違いについて見ていきましょう。

いまだ根強いFAX文化

メールが全盛になった今、もはやFAXは過去の遺物だと考える方もいらっしゃることでしょう。特に個人の利用ではFAXを使う機会はどんどん減ってきています。図面などを送る場合でも、PDFファイルなどにしてメールに添付すればやりとりが可能です。ところが、ビジネスの現場にいる方にはおわかりでしょうが、ビジネスでのメインはいまだFAXだというところが多いのです。たとえば、取引先の発注がFAXのみであるとか、注文はFAXでしか受け付けないという場面はまだまだ目にします。また、ビジネスシーンだけでなく、お年寄りの世帯などFAXはあるがパソコンはないという家庭も多いです。というわけで、まだまだFAXが必要なシーンは多いのです。

FAXを送信先に指定できるインターネットFAX

メールと違って、FAX番号を送信先に指定できるのがインターネットFAXの特徴です。メールが送信できるのは、当然ながらメールアドレスのみです。お互いメールでやり取りできるなら、FAXで送るような内容でもPDFファイル化して添付すれば事足りますが、上に書いたようにまだまだFAXしかないという相手も多いはずです。そんなときでも、インターネットFAXならメール感覚で手軽にFAXが使えます。

個人事業主におすすめ

ひとりで仕事をする個人事業主や小規模会社の経営者など、FAX機はランニングコストが高くて使えないという方もいます。そんな方でもインターネットFAXなら手軽に連絡や受発注ができるので、ビジネスチャンスが今より拡大するでしょう。

インターネットFAXは、画像を添付して送信することも可能です。では、その画像の解像度はどうなるのかを見てみましょう。

画像の解像度とは

画像の解像度とは、1インチ内のピクセル数を指し、単位「dpi」で表されます。ピクセルとは、画素ともいい、画像を構成する四角形の要素です。画像の解像度とは画像の密度と言い換えてもよく、密度が高い(dpiの数値が大きい)ほど画像は鮮明で滑らかになり、逆に密度が低い(dpiの数値が小さい)ほど画像は粗いものになります。FAXを送信する際には、画像の解像度を設定してから送信しますが、解像度が高いほど処理するデータ量が大きくなるため、送信完了までに時間がかかります。逆に、解像度を低くすればデータ量が小さくなって、送信完了にかかる時間が短くなります。

インターネットFAXをスムーズに送信するコツ

FAXをスムーズに送信するには、目的や内容によって画像の解像度をその都度設定するとよいでしょう。受信した相手が内容をはっきり確認できることが前提ですが、スムーズな送信のためには必要以上に大きなデータを送る必要はありません。インターネットFAXは、200×100dpiか200×200dpiの解像度が標準値として設定されます。文字だけの文書の送信なら、視認性も送信スピードもこのままが最適です。ただ、写真や図面などを送る場合、このままでは解像度が低いケースもあります。そういう場合は、送信する前に解像度を高めに設定すればよいのです。

FAXのデータ量を小さくする方法

鮮明な画像を送る必要があるからといって解像度を高く設定し過ぎると、送信するのに長い時間がかかって不便を感じることもあるでしょう。そういう場合は、元の画像データを圧縮したり、PDFファイルに変換したりして、データ量を小さくしておくとよいです。また、適切な解像度がつかめるまで、自分で自分にいろんな解像度で画像を送ってみて確認するのも良い方法です。

インターネットFAXをビジネスに活用することで、コストダウンや仕事の効率化などメリットが大きな事例をいくつか紹介します。

外回りの営業が多い会社

据え置きのFAX機の場合、外出中にFAXが届いてもわかりません。事務所に誰か残っていれば伝えてもらうことも可能ですが、営業マンの多い会社の場合、それも手間がかかります。特に急を要するときなど、営業自身が自分の目でFAXを確認し、すぐに返信しなければならないケースもあるはずです。こういう場合、インターネットFAXを導入すると仕事の効率がよくなります。届いたFAXに迅速に対応できるので、取引先からの評価も高まるはずです。

IT系のベンチャー企業

IT系の会社なら、社内のやり取りはすべてペーパーレス化しているようなイメージがありますが、実際はそうではありません。契約書の控えなどFAXでやり取りし、紙媒体で保管するというケースもよくあります。また、FAX機の導入にお金をかけたくないというスタートアップ企業にも、インターネットFAXは便利です。

中小企業

中小企業にとってコスト削減は常に大きな課題です。従業員の少ない会社では、社長みずから営業に出ているということもあるでしょう。インターネットFAXなら、従来のFAX機と比べて大幅なコストダウンが可能ですし、外出中でもいつでも確認できるので、ビジネスチャンスを逃す心配がありません。

自営業や在宅ワーク

原稿・請求書・領収書などをやり取りするのに、FAXをメインに使っているという在宅ワーカーは多いです。ただ、利用頻度が少なくてもランニングコストが毎月一定額かかるのがFAX機ですので、どうにか節約できないかと頭を悩ませている人も多いようです。この場合、インターネットFAXの導入により、大幅にコスト削減が可能です。eFAXのような1カ月150枚以内のFAXが送受信無料という業者を利用すれば、月額1500円程度の利用料のみでFAXを今まで通り使えます。

FAX機より便利なインターネットFAXですが、FAX番号の変更が伴うことがネックになる場合も考えられます。同じ番号で長年営業してきた企業の場合、番号を変更すると、名刺の刷り直しや取引先への連絡など、さまざまな手間とコストが発生してしまいます。しかし、これまでの番号のままインターネットFAXを利用する方法があるのです。

電話会社の転送サービスを利用する方法

インターネットFAXの番号は、契約業者から自動的に割り当てられたものを使うのが基本です。そのため、以前の番号をインターネットFAXの番号にすることは基本的にはできないのですが、電話会社の転送サービスを利用すればこの問題も解決できます。転送サービスを利用すると、以前の番号に送信されてきたFAXが自動的にインターネットFAXの番号に転送されます。ですから、以前の番号はそのままに、インターネットFAXを利用できるのです。転送サービスの利用料として月額500円ほどかかりますが、FAX機の使用をやめればそのランニングコストが節約できるので、トータルではお得になるはずです。

ナンバーポータビリティを利用する方法

ナンバーポータビリティとは、キャリア変更後も以前の電話番号を引き継ぐことのできるサービスです。このサービスをFAX番号にも利用できる場合があります。ただ、これに対応しているインターネットFAX業者は少なく、利用しやすいのはToonesぐらいです。また、Toonesのサービスには利用条件があり、NTTのアナログ回線、またはINS回線で取得した番号しか使えず、利用地域も限られています。また、工事に2週間ほどかかるので申し込み後すぐに利用できません。さらには初期費用もかかります。

どちらがお得か

転送サービスはどのインターネットFAXでも使えますが、毎月利用料金がかかります。ナンバーポータビリティは初期費用がかかり、対応業者が限られていますが、一度申し込めばそれ以上のコストはかかりません。どのぐらいの期間利用するかによって、どちらがお得かは変わってくるでしょう。

インターネットFAXはスマホでもできるの?

インターネットFAXはスマホでもできるの?

インターネット回線で送受信が可能なインターネットFAXが人気です。FAXなんてほとんど使う機会がないのに、どうして人気があるの?と思うかもしれません。スマートフォンの普及により、SNSを利用して情報を送受信する人が増えたため、個人でFAXを利用する人はかなり減少しました。おそらくそのようなことが背景にあるからなのかもしれません。法人を対象にしたFAXに関する調査によると9割以上の企業が現在もFAXを使用していて、発注や受注などの情報をやり取りしています。ですからインターネットFAXは企業や個人事業主の間で人気を集めているのです。インターネットFAXというとパソコンでの送受信を思い浮かべるかもしれませんが、今ではスマホ向けのアプリを利用してインターネットFAXを利用する人が増えています。

スマホ向けアプリの魅力

インターネットFAXをスマホで利用することにはたくさんのメリットがあります。まずはモバイル回線とスマホさえあれば、いつでもどこでもFAXの送受信ができるということです。出張先でFAXを受信して、内容を確認し、クライアントに受注の確認書を送信することができます。他にもラウンダーが小売店の現場で在庫状況を確認し、スマホのインターネットFAXアプリを利用して、その場で発注をかけるといったことも可能です。スマホを片手にFAXでのやり取りが完了するので、出先でFAXを借りる手間がかかりませんし、わざわざオフィスに戻って内容をチェックするといった無駄な作業がなくなります。

FAXの品質はどうか

スマホ向けのインターネットFAXで心配になるのが、FAXで受信した資料の画像品質かもしれません。画像が不鮮明だと受注する際に数字を見間違えてしまう可能性がありますし、大切なビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。実際にスマホ向けのアプリを利用してFAXを受信してみると、そのような心配は全く不要だということに気付くでしょう。送られてくるFAXは電子データ化されているので、画像が劣化する心配がありませんし、文字や画像が鮮明でくっきりと見やすいので、一度使ったら手放せなくなります。画像は送信する側の環境に依存するため、送信側の状況が良ければ鮮明な書類を受信できるのです。

写真などの画像を送信する

スマホ向けインターネットFAXの機能が優れている点として、スマホで撮影した画像やキャプチャーした画像をその場でアプリを利用してFAXで送信できます。例えば商品画像を営業本部に送信する場合、メールで送信することもできますが、FAXアプリを利用して画像を送信し、オフィスのFAXでプリントアウトしてチェックするといったことが可能です。営業の現場で求められるのはスピードと正確さですから、インターネットFAXアプリがあなたのビジネスを確実にサポートしてくれます。これはインターネットFAXアプリならではのメリットといえるでしょう。

スマホとパソコンを連携

スマホで受信したFAXはクラウドを通じてパソコンなどと連携ができます。受信した文書や画像をいったんクラウドに保存してしまえば、オフィス内で情報を共有できます。メールを利用して受信した資料などを一斉送信するといったことも可能です。プロジェクトに携わっている場合、プロジェクトに携わる関係者との情報共有が欠かせませんが、インターネットFAXをスマホで利用することで、情報共有をいとも簡単に行えます。

連絡先との連携

スマホ向けインターネットFAXアプリには、スマホに登録している連絡先のリストを利用して送受信ができる機能が付いています。そのため、送信先を一括で指定してメーリングリストのような感覚で資料を送信することも可能です。スピーディかつ確実に情報を送信できるので、固定のFAX複合機でいちいち作業する必要がありません。しかも出張先や電車での移動中もモバイル回線さえあれば送受信ができますから、出張先で受けた受注を帰りの新幹線の中でオフィスにFAXで送信するといったこともできます。

インターネットFAXならスマホが便利

スマホでFAXの送受信ができるインターネットFAXアプリを知っていますか?スマホでFAXなんてできるの?と疑いたくなる人もいるかもしれませんが、スマホでもFAXができます。FAXというと準備した用紙をFAX機にセットして送信ボタンを押して送るものというイメージを持っている人が多いかもしれませんが、もうそれは過去の話になりつつあります。個人事業主やノマドワーカーの間で爆発的に人気なのがスマホで出来るインターネットアプリです。

どうして人気なのか

スマホからFAXが送られるアプリが人気の理由は、モバイル回線さえあればいつでもどこでもFAXが送受信できる点にあります。これまではFAXが届いてもオフィスに戻らなければ内容を確認することができませんでしたが、このアプリさえあれば、オフィスに戻る必要がなく、出先でFAXをチェックできてしまいます。一度この便利さを味わってしまうともう後には戻れなくなる人が多く、口コミでどんどん情報が広がっています。

出張先でFAXをチェック

クライアントとの打ち合わせや商談などで出張しないといけない場合、スマホのインターネットアプリをインストールしておけば、出張先でもFAXをチェックできるので、他のクライアントからの依頼書や注文票などをリアルタイムでチェックできます。FAXの画像はスマホで拡大して確認できるので、文字が見にくいといったことは一切ありません。本社と支社で情報を共有するといった場合でも簡単です。

移動中でもOK

インターネットFAXアプリは移動中でもモバイル回線さえあればチェックができます。例えば出張先から帰るときに、帰りの新幹線や特急電車でFAXをチェックできます。発注が急きょ発生した場合でも、リアルタイムでチェックできるので、情報を本社に送ったり、手元にあるパソコンやタブレットから発注をかけたりといったことが可能です。場所にとらわれずにFAXが受け取れるため、これまでの固定式のFAX複合機が古く見えてしまうほどです。

インターネットFAXをスマホで送受信するには

インターネットFAXをスマホでも利用できるようにするためには、スマートフォン向けのアプリをあらかじめインストールしておく必要があります。インターネットFAXは提供会社によってスマホ向けのアプリを配信しているところとそうでないところがあるため、あらかじめ希望するサービス提供会社がアプリを配信しているかチェックしておくことをおすすめします。利用者が最も多いのがeFaxというインターネットFAXサービスで、iPhoneとandroidの両方のアプリを配信しています。

アプリをインストールする

インターネットFAXアプリをスマホにインストールするには、スマホのOSによって方法が異なります。androidスマホをお持ちの場合は、Googleプレイから希望のインターネットFAXアプリを検索し、インストールします。iPhoneの場合は、アプリストアから同様の方法でアプリをダウンロードしてスマホにインストールします。インストールに時間はほとんどかかりません。インストールが完了したら次の段階に進みます。

利用設定をする

スマホ向けインターネットFAXアプリを利用するには、インストール後にIDとパスワードを設定する必要があります。あらかじめインターネットFAXサービスに申込をしておけば、IDとパスワードを入力するだけですぐに始められます。利用設定がうまくいかない場合には、各インターネットFAXサービス会社のホームページのFAQを参照して、トラブルシューティングをチェックすると良いでしょう。

利用は簡単

全ての設定が整えば、その場で利用できるようになります。利用方法はとても簡単で、アプリにFAX送信、受信、作成などの項目があるので、それぞれの項目を選択して送信するだけです。いとも簡単にFAXが送れるので、本当に送信できたのか心配になるかもしれません。その場合は、試験送信をしてみると良いでしょう。ちなみにインターネットFAXアプリは初回無料お試しができるものもあるので、まずは試験利用してから契約することも可能です。

スマホ向けインターネットFAXのメリットとデメリット

インターネットFAXをスマホアプリで利用したいと思っている場合、実際に利用してみて、こんなはずではなかったと後悔しないために、前もってメリットとデメリットをチェックしておくことをおすすめします。インターネットFAXをスマホのアプリで利用する場合の、最大のメリットは携帯性です。どこでもスマホとモバイル回線があればFAXの送受信ができるわけですから、これに勝るメリットはありません。これならオフィスを持たないノマドライフを送っている人でもスタバでFAXの送受信ができてしまいます。

カメラで撮影したものを送受信できる

インターネットFAXアプリを利用する別のメリットは、送りたい資料をスマホのカメラ機能を使って撮影し、FAXで送信できることです。固定式のFAXを利用して画像を送信する場合、いったん画像をプリントアウトしたものをスキャニングして読み込ませる必要があり、手間がどうしてもかかってしまいます。その点インターネットFAXアプリなら、その場で撮影したものを送信できるため、コストも時間も大幅に節約できます。

環境にやさしい

インターネットFAXアプリは紙媒体に依存しないので、環境にやさしいというメリットがあります。環境を重視する姿勢は自社をアピールするのに欠かせません。インターネットFAXアプリなら、用紙類を節約できるだけでなく、インクやトナー代などのローカルコストを大幅にカットできます。自社評価をアップさせるチャンスになりえるのです。

モバイル回線に依存している

デメリットはモバイル回線やwi-fiなどのインターネット回線がないと送受信できないことです。ビルの谷間などでモバイル回線の環境が不安定だと送受信に失敗してしまうことがあります。そのような場合は、wi-fi接続を利用して送受信ができますが、フリーwi-fiだと第三者に情報が盗まれる恐れがあるため、VPNを利用するなどの自衛策が必要です。

インターネットFAXに対応した無料アプリはあるの?

スマホでインターネットFAXを始めたいと思う場合、専用のアプリをスマホにインストールする必要があります。インターネットFAXサービスはいくつかありますが、もしかしたら無料で利用できるインターネットFAXサービスがないか知りたいと思っているかもしれません。スマホ向けの仕事効率化アプリをチェックしていると、こんな優れた機能を持つアプリが無料で配布されていることに気付くことがあります。それと同じようにスマホ向けの無料のインターネットFAXアプリを探したくなるのかもしれません。

アプリ自体は無料

スマホ向けのインターネットFAXアプリは、スマホに無料でインストールできます。つまり、インストールの段階で課金する必要がありません。GoogleプレイやappleのアプリストアでインターネットFAXアプリを探すと、いくつかのアプリが見つかります。それぞれのアプリは基本的にダウンロードとインストールまでは無料で、実際に利用する時点で費用が発生します。

月額料金が発生する

インターネットFAXアプリは利用する時点でIDとパスワードを入力します。これはパソコン向けのインターネットFAXサービスと共通で利用できるタイプが多く、スマホ専用アプリ単独で申し込むことも可能です。月額料金は1000円台が多く、送受信枚数によって課金される仕組みになっています。利用料金はクレジットカードで支払うのが一般的です。

初回お試しサービスを利用してみる

月額料金を払う前に、実際にスマホ向けインターネットFAXアプリを試用してみたいと思うかもしれません。そのような場合、初回お試しサービスを利用してみると良いでしょう。eFAXの場合、初回30日間無料お試しサービスを実施していますし、他のサービスでも同様のキャンペーンを行っています。このようなサービスを活用することで、実際に使い勝手が良いかといった評価が可能です。永年無料ではありませんが、とりあえず使ってみたいという人にも向いています。

スマホで使えるインターネットFAXは仕事でも使えるか

パソコンで利用できるインターネットFAXを仕事で活用している人が増えています。小規模オフィスや個人事業主などの自宅兼オフィスではこれまで以上にインターネットFAXにシフトするケースが増加しています。一般の企業でもクラウドソーシングを推進し、エコ社会の実現のために紙媒体のFAX複合機の使用を中止し、ネット型のFAXを利用する動きが広がっています。ところでスマホで利用できるインターネットFAXも利用者が増えていますが、果たして仕事の現場で十分活用できるのでしょうか。

文書の送受信

スマホのインターネットFAXアプリを利用して文書の送受信を行う場合、文書の画像品質がどのくらいかを知りたいと思うことでしょう。文字がはっきり見えなければ、ビジネスチャンスを逃してしまうことになりかねないからです。大事な発注書の個数を見間違えてしまったとしたら、企業の損失につながります。実際に文書の送受信をしてみると、文書の鮮明さに驚きます。つまり仕事に十分活用できるレベルなのです。

画像の送受信

実はスマホのインターネットFAXアプリが得意とするのが画像の送受信です。一般的な複合型FAXの場合、画像を読み取って送信しますが、スマホのアプリはスマホについているカメラを利用して画像を読み取ります。スマホの性能に依存するところはありますが、最近のスマホのカメラ性能は一眼レフ並みのものもあるので、高画質な画像を送信できます。つまり画像の送受信も問題なく行えるため、仕事でも活用範囲が広がるでしょう。

コスト

仕事で利用する場合、気になるのがコストです。トータルコストが高くなってしまうとしたら利用を控えたくなることでしょう。スマホ向けのインターネットFAXアプリはコストが月額1000円台が多いですから、リーズナブルな価格で利用可能です。毎回プリントする必要がないので、用紙代やインクトナー代の節約に貢献します。トータルで考えると、仕事でも十分活用できるのがインターネットFAXアプリなのです。

スマホで出来るインターネットFAXなら固定電話が不要

インターネットFAXを利用する利点として固定電話回線が不要という点があります。これまでFAXを利用する場合、固定電話回線を利用して送受信をしていたため、送受信の際に電話料金が発生しました。特に遠距離との送受信では送信側に電話料金が発生するため、コストがどうしてもかかってしまうというのが実情でした。その後光ファイバー網が発達したため、電話料金もかなり安くなりましたが、それでも送信する際にはコストがかかります。ではスマホで利用できるインターネットFAXはどうなのでしょうか。

送受信はインターネット回線を利用する

スマホで利用できるインターネットFAXアプリは、送受信の際に電話回線を必要としません。つまり携帯電話料金がかからないということです。送受信で利用するのはインターネット回線ですので、送受信に伴うインターネット回線料金(パケット料金)が発生します。それでも電話料金と比較するとコストは大幅に低いです。あえて固定電話を引く必要もありません。

海外でも同じ番号で利用できる

インターネットFAXをスマホで利用できるアプリの活用方法として、海外でも日本で発行したFAX専用電話番号あてに送信することで、日本国内でFAXを利用するような感覚でFAXが使えます。同じ番号が世界中で利用できるので、海外拠点を持つ企業や、海外で仕事を行うフリーランスの方にもおすすめです。料金はネット回線料金のみですから、コストもほとんどかかりません。

送受信が速い

既存の電話回線を利用せず、高速インターネット回線を活用して送受信を行うので、速度が速く、資料の受け取りもスピーディです。相手が送信したものが、インターネット回線を経由して送付されるため、ネット回線が速ければ速いほど送受信も快適に行えます。スマホだけでいつでもどこでも、スピーディにFAXが送受信できるのは魅力ですし、固定電話回線が不要なのもコストカットにつながるので、うれしい話です。

スマホのインターネットFAXとコンビニのFAXを比較する

外出先で発注を行いたい場合、とにかく近くのコンビニに駆け込んで書類を送付するというのがこれまでの営業マンのスタイルだったかもしれません。コンビニのFAXはとても便利なサービスですが、スマホのインターネットFAXアプリを利用してしまうと、コンビニのFAXは使いたくなくなると言われています。それぞれの違いを比較してみると、そのことがより一層理解できます。どんなところが違うのかをしっかりチェックしてみましょう。

料金の違い

コンビニでFAXを利用する場合、送信料金が高くついてしまいます。1通当たり50円前後で送受信ができるわけですが、複数枚ある場合はあっという間に数百円、あるいは1000円近くになってしまいます。その点スマホで利用できるインターネットFAXアプリなら、コストはそんなに高くありません。毎月の送信枚数によりますが、1通当たりのコストは10円以下です。一カ月でコンビニFAXを何度も利用した場合、あっという間に1万円を超えてしまうこともあります。

コンビニがあるのが条件

コンビニでFAXを送信する場合、コンビニが近くにあることが条件になります。営業車でラウンドをしているのであれば、近所のコンビニまで車を走らせることができるかもしれませんが、電車で移動している場合、近くのコンビニまで歩いていかなければいけません。コンビニにたどり着いたものの、FAXサービスがないところもあります。その点インターネットFAXアプリなら、モバイル回線さえつながれば山間部でも送受信が可能です。

セキュリティの問題

コンビニのFAXを利用する場合、気を付けないといけないのがセキュリティの問題です。送信した資料を店内にそのまま忘れてきてしまうということがあるかもしれません。時折コンビニの複合機を開けると、資料が置き忘れたままになっていることがあります。もしそれが機密資料だとしたら、ダメージは計り知れません。その点スマホなら置き忘れる心配がないので安心です。

スマホで出来るインターネットFAXとメールの違い

インターネットFAXアプリと比較されるのがメールです。Eメールはビジネスでも必要不可欠なツールですが、インターネットFAXと比較すると、どんな違いがあるのでしょうか。インターネットFAXアプリにできて、メールではできないこともあるので、それぞれの違いを把握しておけば、より効果的にアプリを活用できますし、メールとの使い分けもできるようになります。賢く活用することで、最大限メリットを生かせるわけです。

受注業務の違い

クライアントからの受注はメールとFAXのどちらが多いと思いますか?小売業の場合、受注はFAXで行うことが良くあります。もちろんインターネットを利用して受注することもありますが、それは社内ですべてが完結する場合に限られます。つまり外注の場合はメールよりもFAXを利用するケースが多いのです。しかもインターネットFAXアプリを利用しているなら、メールとFAXの両方を受信できるので、自分に必要な情報がすべて瞬時に手に入ります。メールだけではそうはいきません。

一斉送信

メールにはCCやBCCで一斉送信できる機能があります。この機能を活用することで重要な情報を同じプロジェクトにかかわる同僚や関係企業に配信できます。FAXだとそれはできないのではと思うかもしれませんが、インターネットFAXアプリは、スマホの連絡先を利用して、メーリングリストのように情報を一斉送信できる機能を備えています。企業によってはFAXだけを使っているという会社もまだあるので、ビジネスに差がつくわけです。

送信先の違い

メールで指定できる送信先はメールアドレスだけです。その点インターネットFAXアプリなら、送信先をFAXに指定できます。どういうことかというと、メールに加えてFAXでも同時に資料を送信できるということなのです。FAXでのみ発注を受け付ける問屋さんが少なくないので、発注をスピーディに済ませたい場合にもインターネットFAXアプリなら安心です。

インターネットFAXのメリットを考える

インターネットFAXのメリットを考える

インターネットFAXに注目が集まっています。その理由はこれまでの概念にとらわれず、ネット回線さえあればFAXの送受信ができるからです。かつては個人の家でもFAXを持つ家庭が多かったですが、スマートフォンの普及によりFAXを個人で利用する機会は激減しました。今ではFAXを利用して情報を送信する機会がほとんどないという人も多いです。個人単位ではそのような状況にありますが、法人は異なります。発注や注文などはFAXで行う機会が多いですし、文書のやり取りをFAXでする企業も少なくありません。そのため、法人を中心にインターネットFAXを利用しようとする動きが活発になっています。

個人事業主に最適

インターネットFAXを利用するメリットとして、電話回線がなくても、インターネットができる環境さえあればFAXの送受信ができるという点があります。これは個人事業主にとってメリットが大きいと言えるでしょう。自宅で仕事を行う場合は自宅のFAXを利用することができるかもしれませんが、あえてインターネットFAXを利用する理由はほかにもあります。それはペーパーレスで送受信ができるということです。個人事業主であれば、コストカットをいかに行うかが課題の場合が多いかもしれません。インターネットFAXならペーパーレス化が実現できるため、大幅なコストカットが期待できます。

ダイレクトメール対策

インターネットFAXを利用する別のメリットはFAXに送られてくるダイレクトメール対策ができるという点です。ダイレクトメールは用紙やインク、トナーを消費するため、その分だけ無駄になってしまいます。取引先からのダイレクトメールだと断れない場合がほとんどですから、インターネットFAXにシフトすることで、ダイレクトメールによる資源の無駄遣いを減らせます。しかもインターネットFAXなら必要な情報に絞り込めるので、いらない情報はパソコンですべて消去できます。

データ管理が楽

インターネットFAXを利用することで、データ管理が楽になります。その理由はFAXで受信する内容をPDF化することで、データを電子的にまとめられるからです。ファイルを日付や関係する資料ごとにまとめていけば、検索が楽にできますし、管理もそれほど面倒ではなくなります。何よりもペーパーレスになるので、コストカットができるだけでなく、オフィスのスペースを有効に活用できるようになります。従来の紙の媒体では決して実現できなかったことが、インターネットFAXなら可能になったのです。

出先でもFAXが確認できる

インターネットFAXなら、出張先でもFAXの内容を確認できます。ノートパソコンやタブレットなどの電子機器とインターネット環境さえあればいつでも好きなときにFAXの内容を確認できます。これなら取引先からの急な発注を見逃すことがありませんし、こちらから送信をしたい場合でも、すぐに資料を送信できるので、ビジネスチャンスを逃す心配がなくなります。個人事業主や中小零細企業の場合、イベントや他の取引などでオフィスに人が待機できないといったことが起こりえますが、インターネットFAXを利用していれば、オフィスに人がいなくても、FAXをチェックできます。他にもラウンド業務で取引先を回っているときに、外部から発注する機会が多くありますが、インターネットFAXがあれば取引先にお願いしてFAXを借りたり、コンビニを探してFAXを送ったりといった手間がかかりません。

画像が鮮明で劣化しない

インターネットFAXなら電子データでFAX内容が送られてくるので、画像が鮮明で劣化する心配がありません。オフィスによっては感熱紙を利用したFAXを使用している場合があります。感熱紙は経年劣化により文字が見えなくなってしまうことがあります。その点、インターネットFAXなら文字が見えなくなる心配がありません。デジタル化されているので画像が劣化してしまう心配もありません。インターネットFAXは利用価値が高く、一度利用してしまうと、もうこれまで利用してきたFAXは使えなくなってしまうほどです。

インターネットFAXとは

インターネットFAXとはインターネット回線を利用してFAXを送受信するサービスを指します。FAXはこれまで電話回線を利用して送受信するのが一般的でしたが、技術の進歩によりパソコンを利用してFAXの送受信ができるようになりました。かつてもパソコンでFAXの送受信ができましたが、転送速度が極めて遅く電話回線のFAXよりも使い勝手が良くなかったため、あまり人気はありませんでした。インターネットFAXはこれまでのFAXの概念を塗りかえる注目のサービスです。

場所を選ばず送受信が可能

インターネットFAXは固定電話回線を必要としないので、場所を選ばずにFAXの送受信ができるというメリットがあります。今人気がある仕事のスタイルとして海外ノマドと呼ばれるスタイルがありますが、海外でも仕事ができる理由として、インターネットFAXが利用できるという点が挙げられます。日本国内に限らず世界中どこでもインターネット回線さえあれば利用できるのがインターネットFAXの最大の魅力です。

専用のFAX番号が付与

インターネットFAXだと固定回線とのFAX通信ができないのでは?と思うかもしれませんが、そのようなことはありません。インターネットFAXには専用のFAX番号が割り当てられるので、固定回線からのFAX受信や固定回線への送信ができるようになっています。専用のFAX番号は固有の番号なので、世界中どこにいても、その番号で日本国内のFAXに送信ができますし、受信も可能です。

FAX専用機が必要ない

インターネットFAXはFAXで送られてきたデータを電子化するため、FAX専用機が必要ありません。電子データはPDFなどのファイル形式に変換できるので、パソコンに保存しておき、好きなときにプリントアウトできます。コストカット分を考えるなら、かなりお得だということが分かります。FAX専用機も、用紙もトナーも、インクもいらないため、環境にやさしく、経費削減にも貢献してくれます。ローカルコストがかからないのはインターネットFAXならではの特徴といえるでしょう。

インターネットFAXの利用価値

インターネットFAXはこれまでの固定回線を利用したFAXとは違い、場所を選ばないのでさまざまな利用価値があります。インターネットFAXの導入を考えている場合、利用価値やメリットを知っておくなら、決定する際に役立つことでしょう。インターネットFAXはローカルコストがそれほど多くかかりません。コピー機と合体した複合式のFAXを導入する場合、リース料や購入費、トナー代などの出費があります。インターネットFAXなら複合機よりもコストが安く済むため、浮いた分のコストを設備投資や運転資金に回すことが可能です。

取引先とのコミュニケーション強化

インターネットFAXは場所を選ばずに送受信が可能なため、ビジネスチャンスを逃す心配がありません。事務所のFAXだとクライアントからの発注や要望がFAXで届いたときに、事務所に人がいれば対応できますが、土日など事務所が休みの時に送られてきた場合、対応が遅れてしまいます。インターネットFAXならそのような心配がないので、ビジネスチャンスを逃さないばかりか、取引先との円滑なコミュニケーションが可能です。

業務の効率化

インターネットFAXは用紙が不要で電子データーを送信できるので、業務の効率化が図れます。これまでの紙の媒体の場合、一度スキャナーで読み込ませるなど手間がいくつもかかります。インターネットFAXなら印刷する手間がかかりませんし、パソコンなどからすぐに資料や受注書を送付できるので、業務の効率化が実現します。人員不足を感じている企業が増えていますが、インターネットFAXを利用すれば、そのような心配を軽減できます。

誤送信が少ない

インターネットFAXはパソコン画面で送受信を行えるため、機械式のFAXと比較すると誤送信の割合が大幅に減少します。あらかじめ送信先を設定しておくことができるだけでなく、画面をチェックしながら送受信ができるので、ミスが少なくなります。これは顧客クレームの減少にもつながります。インターネットFAXの利用価値が高いことが分かります。

インターネットFAXのデメリット

インターネットFAXはインターネット回線を利用してFAXの送受信を行うので、場所を選ばずにFAXの送受信ができるというメリットがあります。紙媒体に頼る必要がないので、コストカットにつながるだけでなく、環境にも良い影響を与えるサービスとして注目が集まっています。もしかしたらインターネットFAXをオフィスに導入しようとお考えになっているかもしれませんが、導入の前にインターネットFAXを利用する場合のデメリットについて知っておくことをおすすめします。

ネット環境に依存する

インターネットFAXはインターネット回線が必要です。インターネット環境が整っている状況であれば、送受信は問題なく行えますが、回線品質が安定しない状況だと送受信に失敗してしまう可能性があります。例えばモバイル端末やモバイルモデムで送信をしようとする場合、ネット回線が安定しないと送信できないことがあります。受信もネット回線に依存しているので、回線品質によっては受信できないことがあります。

相手の回線品質による影響

インターネットFAXで時折起こるトラブルとして、送受信を行う相手側の回線品質によって送受信ができない場合があります。これは相手側の回線がアナログ回線ではなくデジタル回線の場合に生じる問題です。仮に相手側がデジタル回線を利用している場合、送受信ができないなどの障害が発生するため、注意が必要です。

端末が故障するリスク

別のデメリットとして端末が故障した場合が考えられます。モバイル端末を利用してFAXの送受信を行う場合、端末が故障してしまったら送受信はできなくなってしまいます。出張先でモバイル端末を電車の車内やホテルに置き忘れてしまった場合も同様です。端末が動かなかったり、手元になかったりすると、手の打ちようがありません。複数の端末を持っているのであれば端末を切り替えれば対応可能ですが、そうではない場合は送信ができなくなるだけでなく受信確認もできません。

インターネットFAXの利用料金

インターネットFAXを導入するにあたって考えたいのが利用料金です。複合式のFAXなどを利用する場合、FAXを購入する費用やリース代金、トナー料金、送受信する際の回線料金などが発生しますが、インターネットFAXの利用料金はどのようになっているのでしょうか。まず覚えておきたい点として、インターネットFAXは送受信をサポートするサービスの一つですから、利用する際の利用料が発生します。料金は各社で定めているので、それぞれを比較することが大切です。

月額料金がかかる

インターネットFAXを利用する場合、毎月の利用料金が発生します。月額利用料金は各社異なりますが、平均すると一カ月当たり1000円前後です。価格はサービス提供会社によって異なりますが、基本料金が安い場合はそれなりに理由があるため、基本料金が高いサービスと内容を比較することが大切です。決め手となるのは月額料金というよりは、送受信の料金になります。

送信料金をチェック

インターネットFAXでチェックしておきたいのが送信料金です。送信料金はFAXを送信する際に発生する費用で、各社異なります。基月額基本料を支払うことで、一定の枚数までは送信が無料になるところや、月額基本料が安い代わりに一通につき送信料金が発生するサービスもあります。平均すると1通当たり7円~15円で同じサービスを利用している人同士の送信を無料にしているところもあります。そのため、サービスを選ぶ際には、月額料金に含まれるものが何かをチェックしておくとよいでしょう。

受信料金はかかるか

受信料金は無料のところと、一定の枚数までは無料にしているところに分かれます。毎月どれくらいの資料を受信するかによってどのサービスを選ぶかが分かれます。できればサービスを選択する前に、一カ月当たりどれくらいのFAXを受信しているかを確認すると良いでしょう。100枚を超えるFAXを受信しているなら、送受信料金をある程度含んだサービスがおすすめですし、それほど受信数が少ないのなら月額料金が安いインターネットFAXを選ぶと良いでしょう。

インターネットFAXが人気の理由

インターネットFAXにシフトする人が増えているのはどうしてでしょうか。ライフスタイルの変化から仕事のスタイルも大きく変わりつつあります。かつてはオフィスを構えて仕事をすると言うのが一般的でしたが、場所にとらわれずに自分の好きなところで仕事ができるノマド型ワークをする人が増えてきたため、インターネットFAXを導入する人が増えています。しかもローカルコストが安く、紙媒体に頼らないため、口コミでその良さが広がって瞬く間に人気を集めるようになりました。

パソコンさえあればOK

インターネットFAXが人気の理由として、パソコン一つでFAXの送受信ができるという点があります。余分なものを持たないシンプルライフを送る若者が増えていますが、インターネットFAXはそのようなライフスタイルの人にとって、人気が高いサービスになっています。パソコンの画面上で送受信ができるわけですから、それだけでも十分シンプルライフに貢献してくれるわけです。

タブレットからでも可能

インターネットFAXは専用のアプリをインストールすることで、タブレットでも利用できます。アプリに対応しているサービスを探す必要がありますが、もしタブレットでFAXの送受信ができるとすれば、パソコンよりも携帯性が向上します。SURFACEなどのWindowsタブレットとネット環境があれば、どこででもFAXの送受信ができてしまうワケです。こうなるとわざわざノートブックパソコンを持ち歩く必要がなくなるので、自由度が増します。

費用が安い

ローカルコストが安いのがインターネットFAXを利用するメリットの一つです。毎月の費用は1000円程度ですから複合機をリースするよりも圧倒的に安いです。受信した内容を印刷したい場合はプリンターでプリントアウトすればよいわけですし、チェックするだけならPDFで十分でしょう。インターネットFAXが支持されるのはそれなりに理由があるのです。

インターネットFAXの画質

インターネットFAXを利用するにあたって料金などの情報をチェックする必要がありますが、それ以外にも前もって知っておくとよいのがインターネットFAXの画質です。FAXはプリントされる時の解像度によって文字が鮮明に見えるかどうかが変わってきます。送信側がどんなに良い複合機を使っていたとしても、受信側の環境によって画像品質が変わってしまうことを覚えておくと良いでしょう。画質が悪ければ取引で誤解が生じかねませんし、大切なビジネスチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

FAX専用機の場合

FAXの送受信における画像品質は複合機などのハードに左右されます。経年劣化により、読み取りが悪いと画質が悪くなります。こうなると送信の段階で不鮮明な箇所が生じますから、受信者側にとってもデメリットになります。その逆もしかりです。今はほとんど姿を消しましたが、感熱紙式のFAXは経年劣化による画質品質の悪さが目立ちます。受信したFAXに線上のノイズが入り込むことさえあります。

インターネットFAXの場合

インターネットFAXはFAX専用機や複合機のような経年劣化に左右される心配がありません。もちろん一般の文書や書類を送信する場合はスキャナーを利用することになりますが、タブレットやスマートフォンで利用できるインターネットFAXアプリは書類を撮影したものを電子文書化して送付することが可能です。この場合、画像の劣化はほとんどありませんし、鮮明な書類を送付することが可能です。

ネット回線が遅いとどうなるか

ネット回線の速度が遅い場合がありますが、そのような環境下でインターネットFAXを利用する場合でも、画像の劣化はありません。画像や書類データをデジタル化することにより、劣化のない文書を送受信できます。ですから固定のFAX機器よりも使い勝手がよく、しかも画質劣化がないというのがインターネットFAXの特徴といえるでしょう。

インターネットFAXで出来ること

インターネットFAXは単にFAXを送受信する以外にもできることがたくさんあります。FAX複合機の場合、一斉送信などの機能がついているため、便利に活用している方が多いですが、インターネットFAXにも便利に活用できる機能があります。オプションを利用する場合、費用がかかることがありますが、それほど高額なわけではないので、利用価値は高いといえるでしょう。どんな機能があるのかを知っておくと、インターネットFAXを選ぶ際に役立ちます。

一斉送信機能

インターネットFAXの機能で便利なのが一斉送信機能です。FAX複合機によっては送信先リストを液晶画面で指定して一斉送信できるものがありますが、小型のFAXだとそうはいきません。一枚一枚相手先ごとに送信するため、時間も手間もかかってしまいます。インターネットFAXならそのような手間を解消してくれます。送信したい文書をスキャンもしくは撮影して画像データに変換し、その後相手先を指定して送信します。このときに複数の相手先を指定できるので一斉送信が可能なのです。

メール送信も可能

インターネットFAXの別のメリットはメール送信機能です。これは受信したFAXをPDFなどのファイルに変換し、メーリングリストを利用して受信したFAXを送信できる機能です。FAXで受信した注文書や発注書を複数の関係者や部署に送付する際、効果を発揮します。一般的なFAXだとプリントアウトしたものをコピーして各部署に回覧しますが、インターネットFAXならそのような手間がかかりません。

データの保存機能

インターネットFAXにはデータの保存機能があります。これは受け取ったFAXをPDF化して保存できる機能です。パソコンを利用して送受信する場合、受け取ったFAXをファイルごとに振り分けて保存することが可能です。例えば取引先ごとにデータを保存するといったことが可能です。これなら文書を紛失してしまう可能性がありませんし、電子化されているため、文書が劣化してしまう心配もありません。

インターネットFAXを海外ノマドで活用するメリット

日本にオフィスを持たずに、世界中を自由に回りながら仕事をこなす海外ノマドが人気です。海外ノマドと呼ばれているフリーランサーの中にはインターネットFAXをフル活用している人が多いです。その理由として、クライアントからの発注書や受注書を受けるのにFAXが必要になるわけですが、インターネットFAXならパソコンやタブレットなどの端末とネット環境さえあれば世界中どこでも送受信ができるからです。

海外で注文を受ける

海外ノマドの中には、海外の企業と取引を行い、日本向けに商品を輸出する仕事をしている人たちがいます。仮に海外でFAXを受信するとしたら、通信費だけでもばかにならないわけですが、インターネットFAXならネット回線さえあれば、料金は一律なのでコストを抑えることが可能です。あたかも日本のオフィスでFAXを送受信するような感覚で利用できるので、海外ノマドのマストアイテムの一つになっているケースが多いのです。

海外から発注する

日本の企業と取引をしている場合、企業に対して発注を依頼することがあるかもしれません。インターネットFAXなら海外拠点からでも送受信ができるので、海外からの発注がとても簡単に行えます。ビジネスチャンスを逃す心配がないわけです。海外で見つけた注目の商品を日本で販売する場合にも、取引の過程でインターネットFAXが大活躍します。インターネットがあるおかげで実現できることです。

画像品質の劣化がない

海外でFAXの送受信を行う場合、心配になるのが画質の劣化かもしれません。海外ではFAX複合機自体が最新のものを使用しておらず、画質が悪い状態でプリントされるものも珍しくありません。その点インターネットFAXなら画像の劣化という心配が一切ないので、安心して送受信ができます。これなら発注書の見間違いなどのミスが防げますから、その分だけビジネスチャンスを生かせます。海外で仕事をする人こそおすすめしたいのがインターネットFAXなのです。

インターネットfaxの特徴とメリット

インターネットfaxの特徴とメリット

・faxは重要で必要なものだけれど…

パソコンやスマートフォンが普及して、様々な書類をデータ化したりクラウド化したりすることが当たり前になりつつあります。

ただ、そんな現代においてもまだまだfaxを使用する場面はたくさんあります。書類や連絡事項、注文などをfaxで送付する人は決して少なくはありません。書類を送る側にとっては、紙の状態のものをそのまま自宅の電話機やコンビニの機器を使って送付する方が楽で手間がかからないという考えの人も多く、faxは重要な通信手段とされています。

一方で、個人事業主や在宅ワーカーにとってfaxは必要なものでありながらも経費の負担になっているケースもあります。ほとんどのデータのやりとりをメールやクラウドサービスで行っていても一部のfaxを受信するためにだけ、fax機器を置いたり通信費を毎月支払っていたりする人もいます。

そんな時におすすめなのが、インターネットfaxです。

・インターネットfaxの特徴

インターネットfaxとは、名前の通りインターネットを使ったfaxのことです。簡単に言うと相手方が紙によってfaxしてきた書類を従来のように紙で受け取るのではなく、データ化された状態で受け取ることができるサービスです。

相手が紙の書類をfaxで送ってきてもインターネットfaxでは紙の書類がデータ化されてパソコンやスマートフォンに届きます。

また、送信する場合もEメールなどを使ってデータの状態のものを相手に送り、相手のfax機器には紙で届けることができます。つまり、インターネットfaxにすると紙の状態ではなくデータの状態でやり取りすることができるようになるのです。

・インターネットfaxのメリット

従来のfaxは電話回線を使用していましたが、インターネットfaxはネット回線を使います。そのため、faxの送受信にかかる通信費を安く抑えることができます。

更に、これまで固定電話はほとんど使わないのにfaxのために電話回線をひいていたり、fax機器を用意していたという場合もパソコンでfaxのやりとりをできるようになるため、電話回線やfax機器が不要になります。サービスによっては初期費用や毎月の料金が無料というものもあったりするので、無駄な出費を節約することができるのです。

また、faxを多くやり取りする仕事の場合、faxに必要になる用紙代も経費を圧迫してしまうことがあります。不要になったfax用紙を個人情報流出を防ぐためにシュレッダーにかける必要性などもあります。このようにfaxに使う用紙の費用やインク代などのランニングコスト、不要になった時の処理などの様々な経費や労力を削減することができるのも、インターネットfaxのメリットです。インターネットfaxであれば、大切な書類は場所を取らずにデータ保存しておけますし、必要な部分だけをプリントアウトすることができるため、紙の節約になり、更にエコにもつながります。

初めて個人で事業を起こす場合、少しでも初期費用を安くおさえたいものです。最低限の準備で低コストで事業を始めたいけれど、faxだけはどうしても必要…そのような時にも、インターネットfaxはおすすめです。

また、大量のfaxをやりとりするような仕事の場合、届いたfax用紙の管理が煩雑になりがちです。中には多くのDM広告も混ざっていたりして、どのfaxが仕事上必要なものなのかをいちいち確認することがとても大変になります。そのような環境でfaxを受信していると、大切なfaxを見落としてしまい相手とトラブルになってしまうということにもなりかねません。

その点インターネットfaxだったら、メールの受信画面のように差出人と件名を確認できるサービスのものも多く、届いたfaxの整理がとてもしやすいというメリットがあります。大切なfaxを見落としたり紛失したりするリスクも格段に低くなります。

このように、インターネットfaxには様々なメリットがあります。どれほどパソコンやスマートフォンが普及した現代であっても、全ての人がメールでやりとりをするという環境にすることは難しく、faxが必要な状態は続いています。

より効率的に無駄なくfaxのやりとりをしようと思ったら、インターネットfaxの利用を検討してみてもいいかもしれませんね。

スマートフォンでfaxを受け取って仕事の効率化を

・今すぐにfaxを確認したい時もある

仕事でfaxが欠かせないということはよくあります。大切なお客様からのfaxや取引先からのfaxは、できるだけ早く確認するようにしたいものです。

とは言っても、保険を始めとした営業の仕事や輸送の仕事、建設の仕事などをしていると、ずっとオフィスにいるというわけには行きません。中にはほとんど外で仕事をしている人もいることでしょう。そのような場合には、オフィスのfax機器に大切なfaxが届いてもすぐにチェックすることはできません。すぐにでも出かけたいのに、faxが届くのを待ってからでないと出られないということもあります。

・インターネットfaxだったらどこでも確認できる

外で行動する人にとって、紙で届くfaxを時間のロス無く確認することは難しいものです。そんな時に便利なのが、インターネットfaxです。

インターネットfaxは、相手が紙で送ったfaxをデータとしてパソコンなどでチェックすることができるサービスです。

このインターネットfaxをスマートフォンでも受け取れるようにしておけば、外出先でもいつでもチェックすることが可能です。相手がfaxを送ってきた時に、すぐにその場で見ることができるため相手を待たせることが無く、自分もfaxが届いたかどうかということに振り回されて行動を制限されることがありません。

・インターネットfaxのサービス内容をよく調べることが大事

最近はインターネットfaxもずいぶんと普及してきており、多くのサービスが提供されています。中には、月額無料で利用することができるサービスもあります。

ただ、サービスによってはパソコンでのみしかfaxの受信ができないという場合もあります。もしもスマートフォンを使ってfaxを受け取ったりチェックしたりする必要がある場合は、サービス内容をよく調べて、スマートフォンに対応しているかどうかを調べるようにしましょう。

インターネットfaxをどう選ぶ?

・インターネットfaxにはメリットが多い

あなたはfaxの送受信をする時、どのような使い方をしていますか?電話機やfax専用機器を置いているという方はまだまだ多いかもしれませんね。でも、近頃はスマートフォンが普及したため、電話連絡はほとんど固定電話でなくスマートフォンを使い、仕事関係の連絡にはメールを使うという方も増えているのではないでしょうか。

気が付くと、faxを送受信するためだけに固定電話やfax機器を置いているということも少なくないことでしょう。

もしもfax以外に固定電話の必要性を感じない場合は、インターネットfaxに切り替えるのもひとつの方法です。

インターネットfaxは紙で送られたfaxをデータとしてパソコンやスマートフォンで受け取ることができるため、fax用に固定電話などを用意する必要がありません。初期費用無料、使用料無料というサービスを選べばかなり経費を節約することもできます。また、紙やインクを無駄に使うことがなくなるなど、インターネットfaxにはメリットがとても多いのです。

・インターネットfaxはどのように選ぶ?

インターネットfaxは徐々に普及しつつあり、多くの企業から提供されています。たくさんあるインターネットfaxの中からどのサービスを選ぼうか迷ってしまったら、まずは比較サイトを見てみましょう。初期費用や利用料金、プランなど、細かく比較しているので、自分で一社一社調べるよりも効率的です。

・使い道に合わせて選ぶ

インターネットfaxは提供する企業によってサービス内容も料金も違います。初月のみ無料というものやスマートフォンに対応しているものなど、プランにもいろいろなものがあります。自分がどれぐらいの頻度でfaxを使うのか、料金はどれぐらいかけられるのかなど、使い道に合わせてインターネットfaxを選ぶようにしましょう。

インターネットfaxの始め方は難しい?

・インターネットfaxを始めるのは簡単

インターネットfaxという言葉だけを聞くと「なんとなく難しそう」「準備が大変そう」「契約に時間がかかりそう」など、様々な不安が浮かんでくるものです。果たして自分で使いこなすことができるのかどうかが分からず、ついついインターネットfaxの利用を躊躇してしまっている方もいることでしょう。

でも、実はインターネットfaxを始めるのはとても簡単です。契約も短時間でできますし、準備するものも特別なものは必要ありません。

・インターネットfaxを始める準備

その言葉の通り、インターネット回線を使ってfaxの送受信を行うインターネットfaxですから、通信環境が整ったパソコンやタブレット、スマートフォンなどが必要になります。簡単に言うと、インターネットサイトを見たりメールを送受信したりすることができるパソコンがあれば、インターネットfaxを使うことができます。もしも届いたfaxの中からプリントアウトする必要がある場合は、プリンターも準備しましょう。

・インターネットfaxの申込み

インターネットfaxを利用し始める前には申し込みが必要です。インターネットサイトで調べると、インターネットfaxサービスをたくさん見つけることができます。その中から自分の使用状況に合ったサービスを選び、申し込みましょう。ほとんどの場合はサイトから直接申し込むことができます。よく分からない点があれば電話で問い合わせをし、納得した上で選ぶことが大切です。

もしも使えるかどうか不安だという場合は、無料体験を利用してみることをおすすめします。インターネットfaxのサービスによっては、最初の1ヵ月のみ使用料が無料というものもあります。もしも心配な時にはとりあえず無料体験をしてみるといいですね。

fax送信時にしか料金がかからない秒速fax

・秒速faxの特徴

『秒速fax』は株式会社Karigoが運営するインターネットfaxです。

この秒速faxの最大の特徴は月額利用料が無料という点です。秒速faxでは、faxを送信した時にだけ料金が発生します。これまで、faxを送りたい時にコンビニに走っていたという人にもおすすめです。

初期費用も無料なので、もしもfaxをごくたまにしか使わないという場合であれば、毎月の月額利用料をかなり節約することができます。

アカウント登録はインターネットの公式サイトに氏名、電話番号、メールアドレスなど、必要事項を記入するだけで簡単にできます。faxを送りたいと思ったその時にすぐに利用し始めることができるのも便利なところです。あらかじめポイントを購入してから使い始めます。ポイントは200円分から買うことができるので気軽に始められます。

・秒速faxで簡単にfax送信

秒速faxは使い方がとても簡単で分かりやすいというのもおすすすめポイントです。パソコンに特別なソフトをインストールする必要などは一切ありません。

faxの送信は2つの方法から選ぶことができます。

まずは『ブラウザfax送信』ですが、これはインターネット上のブラウザからfaxの電話番号とファイルを指定して送信する方法です。登録したアカウントにログインして『ブラウザfax送信』を選ぶだけで簡単にfaxを送ることができます。

もうひとつの方法が『メールfax送信』です。普段使っているパソコン、タブレット、スマートフォンのサーバーからメールを準備し、送付したいテキストを書き込むかPDFファイルを添付することで送ることができます。

・安心して利用できる機能が満載

月額利用料が無料の秒速faxですが、安心して利用できる機能が豊富に揃っています。ブラウザfax送信を利用すれば、予約配信機能を利用できるので決まった日時にfaxを送りたい時に重宝します。

また、送ったfaxが無事に送信できたかどうかを確認する配信状況確認機能もあるので安心です。

efaxの人気の理由

・世界で人気のインターネットfax 『efax』

efaxは、世界中で利用する人が多く人気のあるインターネットfaxのひとつです。

初期費用が無料で最初の30日間は月会費が無料なので、インターネットfaxを利用するのが初めてという方でも気軽に試してみることができるというメリットがあります。毎月faxを送信する枚数が150枚までは無料なので、それほどたくさんfaxを送ることがない場合であれば、比較的安い料金で利用していくことができます。

・efaxの人気の理由

efaxは費用がリーズナブルな点に加えて様々なメリットがあります。

インターネットfaxの場合、IP番号の050や東京の03しかfax番号を選べないことが多いのですが、efaxでは、全国のすべての都道府県の市外局番をカバーしているため、好きな市外局番を選ぶことが可能です。

また、使い方がシンプルで分かりやすい点も利用者に喜ばれています。faxをeメールで送受信する使い方なので、普段からパソコンを使っている人であれば誰でもすぐにefaxの使用に慣れることができます。

faxは出先で受け取れると利便性が格段にアップします。efaxにはスマートフォン用のアプリもあるため、外出先でもfaxを受け取ったりすぐにチェックをしたりすることができ、仕事の効率がアップします。もちろん、アプリからfaxを送信することも可能なので、出先でスマートフォンのカメラで撮影した資料画像などをfaxとして送信するという使い方もできます。スマートフォンアプリは、iPhoneとAndroidのどちらにも対応しています。

・efaxを使った人の口コミ

ここでは、実際にefaxを使った人の口コミを紹介します。

『一ヵ月に150枚までは送信が無料というサービスは意外に少ないので費用を抑えることができて助かります。』

『パソコンだけでなく、スマートフォンでもfaxの送受信ができるので重宝しています。』

『fax番号の市外局番を自由に選べるところが気に入っています。』

他にも様々な口コミが寄せられているので参考にしてみてくださいね。

fax受信だけだったらD-FAXがおすすめ

・受信料が無料のインターネットfax

D-FAXは、faxを受信する際の料金がかからないという点が人気のインターネットfaxです。

もしもfaxを送信する必要性があまりなく、受信の方が多い方の場合はD-FAXを利用するとかなり経費を削減することができます。

また、初期登録料のみで利用できるため、あまりfaxを使わない月があっても無駄に月会費を支払う必要がありません。faxをそれほど使うわけでなないけれど、念のためfaxを受信できるようにしておきたいという人におすすめのインターネットfaxです。

・登録から利用開始まで

D-FAXは、登録も使い方もとても簡単なので、初めてインターネットfaxを使う人でも操作にとまどうことがありません。

申込みは公式サイトの申込み画面でメールアドレスやパスワードなどの必要事項を入力して仮登録、その後メールで届いた説明に従って本登録をするだけでOKです。あとは登録手数料を入金すればすぐにでも使い始めることができます。

faxの受信にはパソコンのメールソフトを使います。メールをチェックするようにfaxをチェックすることができるので、特別なソフトなどは一切必要ありません。

また、D-FAXに登録すると無料で着信通知専用端末が配布されます。この端末を持ち歩いていれば、外出先でもfaxが届いたことを知ることができます。

・D-FAXを利用した人の口コミ

インターネット上にはD-FAXを実際利用した人の口コミが多数紹介されています。ここではその一部を紹介します。

『オプション機能を付けなければコストがほとんどかからないので気に入っています。faxを送信することがほとんどなく受信中心の私には適したサービスです。』

『これまでfaxを印刷するための用紙やトナーにかかっていたコストをだいぶ削減することができました。』

『faxを送信することはできませんが、私の場合受信がほとんどなのでそれほど不便を感じることがありません。』

多くの企業に使われているインターFAX

・メール暗号化に対応した安心のインターネットfax

インターFAXは株式会社ドゥイットが運営する、初期費用が無料のインターネットfaxです。

メールソフトやWebサービスからfaxを送信したり受信したりできるので、ネット環境が整ったパソコンがあれば、特別なハードやソフトを準備する必要がありません。

また、インターFAXはS/MIME規格に対応しているため、fax送受信時のメールを暗号化を行えます。そのため情報が漏えいすることを防ぎ、安心してfaxの送受信を行えます。そのような理由からインターFAXは多くの企業に利用されています。

・インターFAXの特徴

インターFAXには、様々な特徴とメリットがあります。

受け取ったfaxの保存をファイルサーバなどに保存することができるので大切な文書の整理や管理がしやすくなります。また、受信したfaxはメール転送することができるので、仕事の関係者への伝達がスムーズに行えます。

ひとつのfax番号で複数からのfaxを受信することができるので、faxの受信が多い企業でもfax機器を複数持つ必要がなく、コストを削減できます。

スマートフォンやタブレットで送受信をしたい場合は、あらかじめ使っているメール機能のアドレスを使うことができるため、特別なアプリを入れる必要はありません。

・インターFAXを利用した人の口コミ

ここでは、インターFAXを利用した人の口コミを紹介します。

『インターFAXは、faxの送受信を1回に限り無料で行うことができるので、初めての私でも安心して使い始めることができました。』

『スマートフォン用のアプリはありませんが、スマートフォンのメールアドレスを受信faxアドレスに設定しているので、問題なく使えています。』

これらの口コミを参考にしてみるといいですね。

低コストでも機能が満載のメッセージプラス

・低コストが魅力の『メッセージプラス』

メッセージプラスは、低コストが魅力のインターネットfaxです。

faxを受信する際の費用はすべて無料なので、送信することがあまりなく受信専用にfaxを使いたい時におすすめです。faxを何枚受信しても無料なので、ダイレクトメールなどの無駄なfaxに用紙やトナーを使うこともありません。

また、同じメッセージプラス同士であればfaxの送信料もすべて無料になります。同じ企業のグループで使えば、大きなコスト削減になります。

・手書き機能が便利

従来は、届いたfaxに訂正や書き足しを行う場合、インターネットfaxを一度プリントアウトし、紙に書き足してから返信しなければなりませんでした。でも、メッセージプラスには手書き機能が付いているため、届いたインターネットfaxに訂正や書き足しをしたい時には、データ上に書き足して返信することができるようになりました。紙と手間を省くことができて仕事の効率もアップします。

・いつでもどこでもfaxを使える

メッセージプラスに登録して受信したfaxは、クラウド上のサーバに保管されています。そのため、パソコン以外にスマートフォンでもfaxをチェックすることができます。外出することが多い人でも素早くfaxを確認することが可能です。スマートフォンやタブレットに専用のアプリをインストールしておけば、更に作業が楽になります。

・メッセージプラスを利用した人の口コミ

『月額利用料金が格安な上、データ化したfaxを管理しやすく、様々な機能が付いているため仕事には欠かせません。』

『faxだけではなく、留守電の内容もチェックすることができるのでとても便利です。』

他にもインターネット上には、メッセージプラスを利用した人の口コミが多数寄せられていますので、一度チェックしてみてください。