インターネットFAXはスマホでもできるの?

インターネットFAXはスマホでもできるの?

インターネット回線で送受信が可能なインターネットFAXが人気です。FAXなんてほとんど使う機会がないのに、どうして人気があるの?と思うかもしれません。スマートフォンの普及により、SNSを利用して情報を送受信する人が増えたため、個人でFAXを利用する人はかなり減少しました。おそらくそのようなことが背景にあるからなのかもしれません。法人を対象にしたFAXに関する調査によると9割以上の企業が現在もFAXを使用していて、発注や受注などの情報をやり取りしています。ですからインターネットFAXは企業や個人事業主の間で人気を集めているのです。インターネットFAXというとパソコンでの送受信を思い浮かべるかもしれませんが、今ではスマホ向けのアプリを利用してインターネットFAXを利用する人が増えています。

スマホ向けアプリの魅力

インターネットFAXをスマホで利用することにはたくさんのメリットがあります。まずはモバイル回線とスマホさえあれば、いつでもどこでもFAXの送受信ができるということです。出張先でFAXを受信して、内容を確認し、クライアントに受注の確認書を送信することができます。他にもラウンダーが小売店の現場で在庫状況を確認し、スマホのインターネットFAXアプリを利用して、その場で発注をかけるといったことも可能です。スマホを片手にFAXでのやり取りが完了するので、出先でFAXを借りる手間がかかりませんし、わざわざオフィスに戻って内容をチェックするといった無駄な作業がなくなります。

FAXの品質はどうか

スマホ向けのインターネットFAXで心配になるのが、FAXで受信した資料の画像品質かもしれません。画像が不鮮明だと受注する際に数字を見間違えてしまう可能性がありますし、大切なビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあります。実際にスマホ向けのアプリを利用してFAXを受信してみると、そのような心配は全く不要だということに気付くでしょう。送られてくるFAXは電子データ化されているので、画像が劣化する心配がありませんし、文字や画像が鮮明でくっきりと見やすいので、一度使ったら手放せなくなります。画像は送信する側の環境に依存するため、送信側の状況が良ければ鮮明な書類を受信できるのです。

写真などの画像を送信する

スマホ向けインターネットFAXの機能が優れている点として、スマホで撮影した画像やキャプチャーした画像をその場でアプリを利用してFAXで送信できます。例えば商品画像を営業本部に送信する場合、メールで送信することもできますが、FAXアプリを利用して画像を送信し、オフィスのFAXでプリントアウトしてチェックするといったことが可能です。営業の現場で求められるのはスピードと正確さですから、インターネットFAXアプリがあなたのビジネスを確実にサポートしてくれます。これはインターネットFAXアプリならではのメリットといえるでしょう。

スマホとパソコンを連携

スマホで受信したFAXはクラウドを通じてパソコンなどと連携ができます。受信した文書や画像をいったんクラウドに保存してしまえば、オフィス内で情報を共有できます。メールを利用して受信した資料などを一斉送信するといったことも可能です。プロジェクトに携わっている場合、プロジェクトに携わる関係者との情報共有が欠かせませんが、インターネットFAXをスマホで利用することで、情報共有をいとも簡単に行えます。

連絡先との連携

スマホ向けインターネットFAXアプリには、スマホに登録している連絡先のリストを利用して送受信ができる機能が付いています。そのため、送信先を一括で指定してメーリングリストのような感覚で資料を送信することも可能です。スピーディかつ確実に情報を送信できるので、固定のFAX複合機でいちいち作業する必要がありません。しかも出張先や電車での移動中もモバイル回線さえあれば送受信ができますから、出張先で受けた受注を帰りの新幹線の中でオフィスにFAXで送信するといったこともできます。

インターネットFAXならスマホが便利

スマホでFAXの送受信ができるインターネットFAXアプリを知っていますか?スマホでFAXなんてできるの?と疑いたくなる人もいるかもしれませんが、スマホでもFAXができます。FAXというと準備した用紙をFAX機にセットして送信ボタンを押して送るものというイメージを持っている人が多いかもしれませんが、もうそれは過去の話になりつつあります。個人事業主やノマドワーカーの間で爆発的に人気なのがスマホで出来るインターネットアプリです。

どうして人気なのか

スマホからFAXが送られるアプリが人気の理由は、モバイル回線さえあればいつでもどこでもFAXが送受信できる点にあります。これまではFAXが届いてもオフィスに戻らなければ内容を確認することができませんでしたが、このアプリさえあれば、オフィスに戻る必要がなく、出先でFAXをチェックできてしまいます。一度この便利さを味わってしまうともう後には戻れなくなる人が多く、口コミでどんどん情報が広がっています。

出張先でFAXをチェック

クライアントとの打ち合わせや商談などで出張しないといけない場合、スマホのインターネットアプリをインストールしておけば、出張先でもFAXをチェックできるので、他のクライアントからの依頼書や注文票などをリアルタイムでチェックできます。FAXの画像はスマホで拡大して確認できるので、文字が見にくいといったことは一切ありません。本社と支社で情報を共有するといった場合でも簡単です。

移動中でもOK

インターネットFAXアプリは移動中でもモバイル回線さえあればチェックができます。例えば出張先から帰るときに、帰りの新幹線や特急電車でFAXをチェックできます。発注が急きょ発生した場合でも、リアルタイムでチェックできるので、情報を本社に送ったり、手元にあるパソコンやタブレットから発注をかけたりといったことが可能です。場所にとらわれずにFAXが受け取れるため、これまでの固定式のFAX複合機が古く見えてしまうほどです。

インターネットFAXをスマホで送受信するには

インターネットFAXをスマホでも利用できるようにするためには、スマートフォン向けのアプリをあらかじめインストールしておく必要があります。インターネットFAXは提供会社によってスマホ向けのアプリを配信しているところとそうでないところがあるため、あらかじめ希望するサービス提供会社がアプリを配信しているかチェックしておくことをおすすめします。利用者が最も多いのがeFaxというインターネットFAXサービスで、iPhoneとandroidの両方のアプリを配信しています。

アプリをインストールする

インターネットFAXアプリをスマホにインストールするには、スマホのOSによって方法が異なります。androidスマホをお持ちの場合は、Googleプレイから希望のインターネットFAXアプリを検索し、インストールします。iPhoneの場合は、アプリストアから同様の方法でアプリをダウンロードしてスマホにインストールします。インストールに時間はほとんどかかりません。インストールが完了したら次の段階に進みます。

利用設定をする

スマホ向けインターネットFAXアプリを利用するには、インストール後にIDとパスワードを設定する必要があります。あらかじめインターネットFAXサービスに申込をしておけば、IDとパスワードを入力するだけですぐに始められます。利用設定がうまくいかない場合には、各インターネットFAXサービス会社のホームページのFAQを参照して、トラブルシューティングをチェックすると良いでしょう。

利用は簡単

全ての設定が整えば、その場で利用できるようになります。利用方法はとても簡単で、アプリにFAX送信、受信、作成などの項目があるので、それぞれの項目を選択して送信するだけです。いとも簡単にFAXが送れるので、本当に送信できたのか心配になるかもしれません。その場合は、試験送信をしてみると良いでしょう。ちなみにインターネットFAXアプリは初回無料お試しができるものもあるので、まずは試験利用してから契約することも可能です。

スマホ向けインターネットFAXのメリットとデメリット

インターネットFAXをスマホアプリで利用したいと思っている場合、実際に利用してみて、こんなはずではなかったと後悔しないために、前もってメリットとデメリットをチェックしておくことをおすすめします。インターネットFAXをスマホのアプリで利用する場合の、最大のメリットは携帯性です。どこでもスマホとモバイル回線があればFAXの送受信ができるわけですから、これに勝るメリットはありません。これならオフィスを持たないノマドライフを送っている人でもスタバでFAXの送受信ができてしまいます。

カメラで撮影したものを送受信できる

インターネットFAXアプリを利用する別のメリットは、送りたい資料をスマホのカメラ機能を使って撮影し、FAXで送信できることです。固定式のFAXを利用して画像を送信する場合、いったん画像をプリントアウトしたものをスキャニングして読み込ませる必要があり、手間がどうしてもかかってしまいます。その点インターネットFAXアプリなら、その場で撮影したものを送信できるため、コストも時間も大幅に節約できます。

環境にやさしい

インターネットFAXアプリは紙媒体に依存しないので、環境にやさしいというメリットがあります。環境を重視する姿勢は自社をアピールするのに欠かせません。インターネットFAXアプリなら、用紙類を節約できるだけでなく、インクやトナー代などのローカルコストを大幅にカットできます。自社評価をアップさせるチャンスになりえるのです。

モバイル回線に依存している

デメリットはモバイル回線やwi-fiなどのインターネット回線がないと送受信できないことです。ビルの谷間などでモバイル回線の環境が不安定だと送受信に失敗してしまうことがあります。そのような場合は、wi-fi接続を利用して送受信ができますが、フリーwi-fiだと第三者に情報が盗まれる恐れがあるため、VPNを利用するなどの自衛策が必要です。

インターネットFAXに対応した無料アプリはあるの?

スマホでインターネットFAXを始めたいと思う場合、専用のアプリをスマホにインストールする必要があります。インターネットFAXサービスはいくつかありますが、もしかしたら無料で利用できるインターネットFAXサービスがないか知りたいと思っているかもしれません。スマホ向けの仕事効率化アプリをチェックしていると、こんな優れた機能を持つアプリが無料で配布されていることに気付くことがあります。それと同じようにスマホ向けの無料のインターネットFAXアプリを探したくなるのかもしれません。

アプリ自体は無料

スマホ向けのインターネットFAXアプリは、スマホに無料でインストールできます。つまり、インストールの段階で課金する必要がありません。GoogleプレイやappleのアプリストアでインターネットFAXアプリを探すと、いくつかのアプリが見つかります。それぞれのアプリは基本的にダウンロードとインストールまでは無料で、実際に利用する時点で費用が発生します。

月額料金が発生する

インターネットFAXアプリは利用する時点でIDとパスワードを入力します。これはパソコン向けのインターネットFAXサービスと共通で利用できるタイプが多く、スマホ専用アプリ単独で申し込むことも可能です。月額料金は1000円台が多く、送受信枚数によって課金される仕組みになっています。利用料金はクレジットカードで支払うのが一般的です。

初回お試しサービスを利用してみる

月額料金を払う前に、実際にスマホ向けインターネットFAXアプリを試用してみたいと思うかもしれません。そのような場合、初回お試しサービスを利用してみると良いでしょう。eFAXの場合、初回30日間無料お試しサービスを実施していますし、他のサービスでも同様のキャンペーンを行っています。このようなサービスを活用することで、実際に使い勝手が良いかといった評価が可能です。永年無料ではありませんが、とりあえず使ってみたいという人にも向いています。

スマホで使えるインターネットFAXは仕事でも使えるか

パソコンで利用できるインターネットFAXを仕事で活用している人が増えています。小規模オフィスや個人事業主などの自宅兼オフィスではこれまで以上にインターネットFAXにシフトするケースが増加しています。一般の企業でもクラウドソーシングを推進し、エコ社会の実現のために紙媒体のFAX複合機の使用を中止し、ネット型のFAXを利用する動きが広がっています。ところでスマホで利用できるインターネットFAXも利用者が増えていますが、果たして仕事の現場で十分活用できるのでしょうか。

文書の送受信

スマホのインターネットFAXアプリを利用して文書の送受信を行う場合、文書の画像品質がどのくらいかを知りたいと思うことでしょう。文字がはっきり見えなければ、ビジネスチャンスを逃してしまうことになりかねないからです。大事な発注書の個数を見間違えてしまったとしたら、企業の損失につながります。実際に文書の送受信をしてみると、文書の鮮明さに驚きます。つまり仕事に十分活用できるレベルなのです。

画像の送受信

実はスマホのインターネットFAXアプリが得意とするのが画像の送受信です。一般的な複合型FAXの場合、画像を読み取って送信しますが、スマホのアプリはスマホについているカメラを利用して画像を読み取ります。スマホの性能に依存するところはありますが、最近のスマホのカメラ性能は一眼レフ並みのものもあるので、高画質な画像を送信できます。つまり画像の送受信も問題なく行えるため、仕事でも活用範囲が広がるでしょう。

コスト

仕事で利用する場合、気になるのがコストです。トータルコストが高くなってしまうとしたら利用を控えたくなることでしょう。スマホ向けのインターネットFAXアプリはコストが月額1000円台が多いですから、リーズナブルな価格で利用可能です。毎回プリントする必要がないので、用紙代やインクトナー代の節約に貢献します。トータルで考えると、仕事でも十分活用できるのがインターネットFAXアプリなのです。

スマホで出来るインターネットFAXなら固定電話が不要

インターネットFAXを利用する利点として固定電話回線が不要という点があります。これまでFAXを利用する場合、固定電話回線を利用して送受信をしていたため、送受信の際に電話料金が発生しました。特に遠距離との送受信では送信側に電話料金が発生するため、コストがどうしてもかかってしまうというのが実情でした。その後光ファイバー網が発達したため、電話料金もかなり安くなりましたが、それでも送信する際にはコストがかかります。ではスマホで利用できるインターネットFAXはどうなのでしょうか。

送受信はインターネット回線を利用する

スマホで利用できるインターネットFAXアプリは、送受信の際に電話回線を必要としません。つまり携帯電話料金がかからないということです。送受信で利用するのはインターネット回線ですので、送受信に伴うインターネット回線料金(パケット料金)が発生します。それでも電話料金と比較するとコストは大幅に低いです。あえて固定電話を引く必要もありません。

海外でも同じ番号で利用できる

インターネットFAXをスマホで利用できるアプリの活用方法として、海外でも日本で発行したFAX専用電話番号あてに送信することで、日本国内でFAXを利用するような感覚でFAXが使えます。同じ番号が世界中で利用できるので、海外拠点を持つ企業や、海外で仕事を行うフリーランスの方にもおすすめです。料金はネット回線料金のみですから、コストもほとんどかかりません。

送受信が速い

既存の電話回線を利用せず、高速インターネット回線を活用して送受信を行うので、速度が速く、資料の受け取りもスピーディです。相手が送信したものが、インターネット回線を経由して送付されるため、ネット回線が速ければ速いほど送受信も快適に行えます。スマホだけでいつでもどこでも、スピーディにFAXが送受信できるのは魅力ですし、固定電話回線が不要なのもコストカットにつながるので、うれしい話です。

スマホのインターネットFAXとコンビニのFAXを比較する

外出先で発注を行いたい場合、とにかく近くのコンビニに駆け込んで書類を送付するというのがこれまでの営業マンのスタイルだったかもしれません。コンビニのFAXはとても便利なサービスですが、スマホのインターネットFAXアプリを利用してしまうと、コンビニのFAXは使いたくなくなると言われています。それぞれの違いを比較してみると、そのことがより一層理解できます。どんなところが違うのかをしっかりチェックしてみましょう。

料金の違い

コンビニでFAXを利用する場合、送信料金が高くついてしまいます。1通当たり50円前後で送受信ができるわけですが、複数枚ある場合はあっという間に数百円、あるいは1000円近くになってしまいます。その点スマホで利用できるインターネットFAXアプリなら、コストはそんなに高くありません。毎月の送信枚数によりますが、1通当たりのコストは10円以下です。一カ月でコンビニFAXを何度も利用した場合、あっという間に1万円を超えてしまうこともあります。

コンビニがあるのが条件

コンビニでFAXを送信する場合、コンビニが近くにあることが条件になります。営業車でラウンドをしているのであれば、近所のコンビニまで車を走らせることができるかもしれませんが、電車で移動している場合、近くのコンビニまで歩いていかなければいけません。コンビニにたどり着いたものの、FAXサービスがないところもあります。その点インターネットFAXアプリなら、モバイル回線さえつながれば山間部でも送受信が可能です。

セキュリティの問題

コンビニのFAXを利用する場合、気を付けないといけないのがセキュリティの問題です。送信した資料を店内にそのまま忘れてきてしまうということがあるかもしれません。時折コンビニの複合機を開けると、資料が置き忘れたままになっていることがあります。もしそれが機密資料だとしたら、ダメージは計り知れません。その点スマホなら置き忘れる心配がないので安心です。

スマホで出来るインターネットFAXとメールの違い

インターネットFAXアプリと比較されるのがメールです。Eメールはビジネスでも必要不可欠なツールですが、インターネットFAXと比較すると、どんな違いがあるのでしょうか。インターネットFAXアプリにできて、メールではできないこともあるので、それぞれの違いを把握しておけば、より効果的にアプリを活用できますし、メールとの使い分けもできるようになります。賢く活用することで、最大限メリットを生かせるわけです。

受注業務の違い

クライアントからの受注はメールとFAXのどちらが多いと思いますか?小売業の場合、受注はFAXで行うことが良くあります。もちろんインターネットを利用して受注することもありますが、それは社内ですべてが完結する場合に限られます。つまり外注の場合はメールよりもFAXを利用するケースが多いのです。しかもインターネットFAXアプリを利用しているなら、メールとFAXの両方を受信できるので、自分に必要な情報がすべて瞬時に手に入ります。メールだけではそうはいきません。

一斉送信

メールにはCCやBCCで一斉送信できる機能があります。この機能を活用することで重要な情報を同じプロジェクトにかかわる同僚や関係企業に配信できます。FAXだとそれはできないのではと思うかもしれませんが、インターネットFAXアプリは、スマホの連絡先を利用して、メーリングリストのように情報を一斉送信できる機能を備えています。企業によってはFAXだけを使っているという会社もまだあるので、ビジネスに差がつくわけです。

送信先の違い

メールで指定できる送信先はメールアドレスだけです。その点インターネットFAXアプリなら、送信先をFAXに指定できます。どういうことかというと、メールに加えてFAXでも同時に資料を送信できるということなのです。FAXでのみ発注を受け付ける問屋さんが少なくないので、発注をスピーディに済ませたい場合にもインターネットFAXアプリなら安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *